東原幼稚園

山形県山形市東原町2-3-26
最寄駅:山形駅
園児数:100名

お気に入り登録中!    1 件

  • お気に入りに登録
  • 資料請求する
  • 英語教育
  • 絵画・造形
  • 言葉
  • 農業
  • 自然
  • 体力が向上する
  • お弁当と給食
  • 駐車場あり
  • 送迎バスあり
  • 途中入園受入れ
  • 園見学を受け付けている
  • 満3歳児入園
  • 2歳児親子教室
  • 0~1歳向け親子サークル
  • 子育て支援

みんなちがってみんないい

東原幼稚園

みんなちがってみんないい

東原幼稚園は山形駅から東に1.7キロのところに位置し、地域に根差した幼稚園として、「神に愛され、神と人とを愛する子ども」という教育目標のもと、聖書に基づいた教育を展開し、60年を超えました。 自由な遊びを重視する一方で、様々な経験を通して子どもが健やかに成長できるよう、全力で保育を行っています。

幼稚園からのお知らせ

2015.06.30
情報を更新しました!

夏のお楽しみ会と入園説明会の情報を掲載しました。

園紹介

『みんなちがってみんないい』

「子どものいまを受入れて」
「子どものできるを発見し」
「ともに歩む4年間」


東原幼稚園は山形駅から東に1.7キロのところに位置し、地域に根差した幼稚園として、
「神に愛され、神と人とを愛する子ども」
という教育目標のもと、聖書に基づいた教育を展開し、60年を超えました。

自由な遊びを重視する一方で、様々な経験を通して子どもが健やかに成長できるよう、
全力で保育を行っています。
 
園の理念

神に愛され、神と人とを愛する子ども
→神に愛され=ありのまま自分が受入れられていることを知る
→神を愛する=神様に感謝すること
→人を愛する=人を思いやる


1950年に、キリスト教宣教師夫人マーガレット・ミーコ先生と通訳者の陶山節子先生
によって、幼子らに「愛」を伝えることを最大の目的として始められました。
60余年を経た現在も、創設の願いは変わることなく、
地域に根差した幼稚園として聖書に基づいた教育を展開しています。
 
教育方針

『生きる力を育む保育』

1.聖書に基づいて、正しい基準と善悪を判断する心・他者を思いやる心
  自分を受容できる心を育て、神さまから与えられているものすべてに感謝する。
2.複数担任制で、クラス編成を弾力的に行い、職員を柔軟に配置する。
  そのことによって、保育の内容に応じてふさわしい環境を保障する。
3.遊びは幼児の生活そのもの。その遊びの三要素である「時間・空間・仲間」を保障し、
  思考力・集中力・判断力・表現力・そして協調する心などを育てる。
4.園外保育や体験学習(直接体験・全力体験・本物体験)を通して、
  豊かな感性を育てる。
5.体育遊びを通して体力増進をはかり、自ら進んで取り組む意欲を育てる。
6.様々な世代の人々と幅広く接する機会を多く持ちながら、豊かな人間性を培う。
7.楽しい幼稚園生活を行なえるよう、保護者・教師相互の協力を重視する。
 
園の環境

園内、園庭全てが遊び場です!
特に、2010年に園庭をリニューアルしました。


楽しい遊びがギッシリつまった大型複合遊具は子どもたちの魅力です。
その他、築山の頂上から流れる小川があり、
水の感触・土の感触を味わいながら遊びを楽しんでいます。
水源となっているガチャポンプは、井戸水をくみあげるポンプです。
子どもたちが手ごたえを感じながら、自分の手で水をくみあげることができます。
幼稚園のシンボル的存在、アンパンマン滑り台も大人気です!

豊かな感性を育てるという教育方針のもと、園外保育や体験学習で、
日頃から徒歩や園バスで出かけています。
野山で遊んだり、畑で野菜を育てたりと、様々な自然体験の機会があります。
また園庭には、身近などんぐりやいちょう等の樹木が周辺にあり、
木の実や葉っぱで遊んだり、木登りをするなど自由に触れ合うことができます。
  •  
  •  

教育内容

~遊びの中には学びがいっぱい!! 遊びこそ学びです!!~

東原幼稚園の保育の中心は「遊び」です。

遊びを重視した自由な保育を行う中で、人間としての本当の力がはぐくまれます。
なぜなら、幼児期の「本当の学び」は、自由な遊びの中で、友だちと心を合わせたり、
考えたり、試行錯誤したり、失敗したりしながらなされるものだからです。

楽しい行事もたくさんあります。
行事は、仕上がりよりも、お子さんたちが充実すること・楽しむことが大切。
その経験そのものが学びとなるからです。
見える結果よりも、経験する内容そのものが大切なのです。

この激動の時代にあって、これからは自分の力で考え、
判断する力がますます必要になります。
 
~特徴的なクラス編成~

あえて一学年一クラス・複数担任制をとっています。
そのため一クラスの人数は他園よりも少し多いかもしれません。

しかし、その中に複数の担任が配属されています。
そのことにより、
「担任の配慮が行き届いた環境の中で、より多くのお友だちと触れ合う」ことができます。

また、一クラスがさらに4つの色グループで構成されていて、
保育内容によっては、グループ毎に分かれて活動したり、
クラスの枠を超えて異年齢で色グループ毎に活動したりします。

そして、全体の園児数は少なめにおさえています。
これは職員全員が全園児の担任で保育するという意識をもって保育にあたるためなのです。

教育外サービス

~一人ひとりを大切にする私たちの保育~


「一人ひとりを大切にする。」

これを言葉で言うのは簡単です。
でも、私たち職員全員は本当にこのことを実行しています。


一人ひとりの子どもは、神様から特別な存在として造られた、最高のプレゼント!
一人ひとりに優しく寄り添い、一人ひとりのことを心から喜び抱きしめます。
泣いていても、怒っていても、失敗してもOK!
私たちは子どもたちをそのままの姿で愛し、受けとめ、じっくり向き合っていきます。

家族や先生から大切にされている、愛されていることを実感することで、
子どもたちは自分のことを好きになれます。
児童精神科医の佐々木正美氏がおっしゃるように、
「自分で自分のことを好きになれる子ども」に育ってほしいと私たちは心から願っています。
そのことを実践していくことで、子どもたちは心にエネルギーをいっぱい蓄え、
安心して大きくなっていきます。
 
延長保育

降園後から18:00までの延長保育です。
異年齢の活動を楽しみながら、アットホームな中で過ごしています。
一度、延長保育を体験した子ども達は「今日も延長保育をしたい!」と言い出すほど人気です。
 
子育て支援

エンジェル広場(2~4歳児親子対象)
第2、4水曜日 10時~11時半
地域の子育て家族に長年愛されてきた未就園児教室です。
幼稚園がどんなところで、どんな教育が行われているのか?
親同士、子ども同士、教職員とのかかわりを通して、在園児と共に遊ぶ中で、
遊びの楽しさ、基本的な生活を体験することができます。
自由に遊んで自分を表現することを大切にしながら、
挨拶、返事、歌、お話を聞くなどの基礎活動とメイン活動(制作、音楽、体育など)を体験し、幼稚園の生活を体験することができます。

エンジェルベイビー(0~2歳未満児親子対象)
第1または 第3月曜日(月二回になることもあります。)10時~11時半
保護者同士のコミュニティー作りや保護者の安らげる居場所作りを目的としています。
親子で自由に歓談できるクラスになっており、お気軽に楽しめます。
お母さんとお子さんの絆をより深くできる親子コミュニティーです。
 
送迎サービス

園児専用バス2台で運行しています。
  •  
  •  

教職員紹介

粟野 桂子 園長先生

【私の教育スタイル】
ねえ!ちょっとやってみない?応援するよ!
できたじゃない。
すご~い!もう一回、もう一回!できたね、もう大丈夫。

【子どもたちへ】
今日の一歩が、未来へつながるスタートです。
イエスさまの愛と力に見守られながらはじめの一歩を踏み出そう。

 

課外活動

課外活動も行っています♪

コスモスポーツクラブ(毎週月曜日 午後)

 
  •  
  •  
  •  

動画チャンネル


2歳児 「楽しい」「やってみたい」を育てるリズム遊び


5歳児(年長組)毎年恒例の田植え!


4歳児 「おもしろい!」「ふしぎ!」を感じる笹舟遊び


3歳児 芋煮遠足で行った公園で自然満喫!イタドリの笛にも挑戦♪

 

基本情報

法人名 学校法人山鳩学園
園名 東原幼稚園
住所 〒990-0034
山形県山形市東原町2-3-26
電話番号 023-622-4789
FAX番号 023-622-4790
開園時間 8:30-13:30 (預かり保育18:00まで)
休園日 土日・祝日 日曜日は日曜礼拝有り(自主登園)
URL http://higasi.holy.jp/
創立年月日 1950年04月01日
園長 粟野桂子
園児数 100名
募集定員数 2歳児10名 年少25名 年中10名 年長若干名
教職員数 12名
給食・お弁当 給食(月・水・金)  お弁当(火・木)

※幼稚園関係者の方で、基本情報に誤りを発見された場合には、問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

PAGE TOP