幼稚園ってどんなところ?

  • 幼稚園で子供が学ぶこと
  • 幼稚園の一日の流れ
  • 幼稚園のイベントやサービス

幼稚園の一日の流れ

活動時間や内容はどうなってるの?

幼稚園を管轄する文部科学省では、幼稚園の“保育時数”を1日5時間以内と定めていますが、基本的には多くの幼稚園で、午前10時から開始して午後2時までを教育活動の時間としています。ただ、幼稚園に滞在している時間という視点で考えると、登園時間から降園時間までとなりますので、教育活動時間プラス2~3時間がおよその滞在時間となります。

また最近では、働くお母さんが増えてきていることに伴い、多くの幼稚園では上記活動時間以外で朝や夕方の「預かり時間」を付加し、家庭の“預かりニーズ”に対応しています。

幼稚園では1人の先生がみることができる子どもの数を35人以下としていますが、実際には各幼稚園におけるクラス定員数は3歳児で25名程度ないし未満、4・5歳児で30名程度ないし未満としているところが多いです。また、幼稚園の方針やクラスの状態に応じて複数担任制や補助担任制などを敷いて、子どもたちの成長環境のさらなる向上を図っている「幼稚園」も少なくありません。「少人数制」を希望される方は、単純に1クラスの子どもの数の多い、少ないではなく、先生1人が何人の子どもを指導しているのか?という視点も判断基準の一つになることを覚えておくといいでしょう。

メインとなる10:00~14:00までの教育活動の内容は各幼稚園のページで確認してください。また、お母さんが働いていて、幼稚園を利用される方向けの情報も掲載されているので、併せてご確認してみるといいでしょう。それぞれの家庭環境、ライフスタイルに合った幼稚園がきっと見つかると思います。

参照図3

夏休みや冬休み、幼稚園は開いてるの?

コチラも幼稚園ごとに違いがありますが、近年は幼稚園が指定した日以外は長期休暇期間中でも通常時と同等の時間で開園している幼稚園が増えています。こちらも本サイト内でご確認いただけます!

PAGE TOP