認定こども園ってどんなところ?

認定こども園っていったい何?

平成27年度から新たに開始された「子ども子育て支援新制度」に伴い、0歳の乳児から5歳の幼児までが、通うことができる施設の種類が急増するってご存知ですか? その中でも認定こども園は新制度の中での目玉とされた施設です。

幼稚園は、「幼稚園ってどんなところ?」のページでもご紹介しましたが、小学校就学前の教育に重きを置いた学校として今もなお活躍しています。

保育所は、幼稚園と比較すると、預かり時間が長いという特徴があります。 そのためご存じの通り現在では、両親が就業している場合に利用するケースが多くなっています。 そして認定こども園は?というと・・ 昔から議論されていた幼保一体化の流れの中で登場した施設です。 簡単に言うと「幼稚園の機能と保育所の機能を一緒にした」施設です。

幼稚園の“教育”という部分と保育所の“預かり”という部分が合体すれば、子育てをしている家族のニーズにより適合した施設になるのではないか?ということで、新設されたのが認定こども園です。 認定こども園は待機児童の解消と、共働きなどで保護者以外の保育が必要とされる子どもたちに教育環境を整えていきたいというニーズのもと、誕生した施設なのです。  

 

認定こども園にはどうやったら入れるの?

子ども子育て支援新制度では、保護者の就労状況に合わせて、認定制度を設けています。この認定制度は1号認定、2号認定、3号認定と呼ばれます。そしてこの認定に合わせて、お子様を通わせられる施設が異なってきます。

各市区町村に申請し、認定を受けた後、その認定にあった施設への応募が可能となります。 申請方法等は各市区町村によって違いますので、各市区町村にお問い合わせください。

図表1

PAGE TOP