プレスクールさがしのポイント

幼稚園、保育所、それとも認定こども園?

いったいどこに“預ければ”いいの?!

我が子がほぼ初めて集団と定期的に関わり合いを持ち、その中で次第に社会性を育んでいくことを考えたとき、親が持つ悩みが「幼稚園?保育所?そして、平成27年4月よりはじまった、“子ども・子育て支援新制度”で新たに設置される認定こども園?いったいどこを選べばいいの??」というもの

ここでは、幼稚園、保育所、認定こども園の3つの総称として小学校入学前の「プレスクール」と呼ぶことにします。

まず、お母さん、お父さんなど、子どもを保護する立場にある方の「就労状況」や「子育てのビジョン(子どもの将来像)やプラン」によって選択肢が変わってきます。

両親の就労状況で考えると、たとえば、お母さんが仕事に就いておらず、あるいは仕事をしていても割と時間を自由に使えるなどといった場合、“保育”の必要性はさほど高くないかもしれません。

参照図1

ところが、両親共にフルタイムで就労している場合、どうしても“保育”の重要性が必然的に高くなってくることは言うまでもありません。また、短時間や曜日に応じたパートタイムの方の“保育”の必要性も多岐に渡るとおもいます。保護者の就労以外での保育ニーズも多様化しています。   一方で、子育てのビジョン(子どもの将来像)や育成プランという点から考えると、働いていても「ウチは幼児期の“教育”の重要性が高い!」という方もいらっしゃるかもしれません。

要するに、親側の都合と子ども側の都合を検討して、総合的に判断するのがプレスクール選びのポイントとなります。また、図1で表されるように幼稚園は教育ニーズの高い満3歳~5歳児が対象、保育所は預かりニーズの高い0歳~5歳児が対象、認定こども園は教育・預かりニーズをカバーした0歳児~5歳児を対象となっています。  

ところが、近年幼稚園は預かり機能を充実させ、保育所は教育機能を付加しているため、専門性の違いはあれど、提供される教育または保育サービスが利用する側にとって同様に映るようなのです。そこで、幼稚園、保育所、認定こども園の違いを以下にまとめましたので参考にしてください。

参照図2

プレスクールさがしのポイント

1.インターネットで調べる

ホームページが皆さんが知りたいことすべてを伝えてくれるわけではありません。ただ、これだけインターネットが普及し、今や携帯電話、特にスマホで何でも調べる(調べられる)時代で、ホームページは言わば利用者である皆さんとプレスクールの最初の出会いの場です。ホームページを見た時に「あっ、行ってみたい!」とか「なんかよさそう!」と思うことができれば、そこには必ず以下のような理由があります。

  • ①ページ内で迷わず、欲しい情報がきちんと手に入る
  • ②資料請求や申込みができ、コミュニケーションがとれる
  • ③写真や動画で園内の様子がよく分かる
  • ④鮮度の高い情報が満載(更新頻度が高い)
  • ⑤経営者の教育観、保育観などの価値観に触れることができる!

必ずしも見た目がよくなくても、上記①~⑤のいずれか、もしくはいくつかを感じることができれば、少なくとも「安心感」を抱くことができるのではないでしょうか? ですので、プレスクールのホームページを訪問して、安心感を抱くことができてから次のステージに進むことをお勧めします。

2.子育て支援、見学や体験に積極的に参加する

インターネットの普及によって少なからず私たちの生活形態は変化(進化?)してきました。たとえば衣料品や食料品をインターネット経由で購入できるようになり、現地に行かなくても国境さえもまたいで欲しいものが手に入るようになったわけです。しかし、衣料品であれば、「サイズが合わなかったらどうしよう・・・」とか、「不良品だったらどうしよう・・・」という不安は常に付きまといます。そんな不安を解消するために、まず“試着”や“試供品”をとどけて、本購入といったサービスを享受できる時代になりました。

今や、こんな時代です。ホームページから体験や見学を申込み、インターネット経由で抱いた「安心感」はそこに実際にあるのか?確かめに行くのが次のステージになります。

ちなみに多くのプレスクールでは「子育て支援」や「見学」「体験」その他イベントを開催していますので、定期的にホームページに訪問することをお勧めします。

3.安心感を確かめる!

実際にプレスクールに行って、どこを見て、だれと話し、どんな質問をすればホームページをみて感じた安心感を確かめることができるのか?を以下に整理してみました。

①清潔感があるかどうか

プレスクールとは低年齢の子どもたちへ教育、保育が実施される場所です。 清掃をしっかり行き届き、安全面の点検がされているかどうか?という視点で確認するといいでしょう。ちなみに好みはあると思いますが、建物が新しい、古いという視点はここでは不要です。

②教員、職員の接しやすさ

子どもの成長に大きく影響を与える存在です。教員や職員の仕事は“デューティ”(できて当たり前のこと)と“ミッション”(独自性・個性を生かした取り組み)に分けてみてみましょう。たとえばデューティーは、プレスクールで仕事をするうえで最低限必要な要素(挨拶、身だしなみ、言葉遣い、教育・保育の知識及び技術、所属するプレスクールの説明ができる)など、子どもを導く立場の人ができて当たり前のことです。次にミッションですが、その教員、職員しか持ちえない強みや特徴のようなもので、とりわけあなたが「接しやすい!」「安心して任せられる!」と感じることのできるポイントです。このミッションを持つ教員、職員がたくさんいるプレスクールは大変魅力的に映るはずです。

③在園する子どもたちの様子

そして、子どもたちの様子を見てみましょう。子どもたちを見るポイントは、子ども対先生の数、子どもたちが話を聞く態度、話をする態度など、各家庭の躾、家庭教育と照らし合わせて理想的な姿がうかがえるかどうか?がポイントです。 他の誰かの意見ではなく、自分の意見と対比して良し悪しの判断をすることが大切です。

4.未就園児クラス(就園前教室)に通ってみる!(幼稚園、認定こども園)

未就園児クラスは多くの場合、そこのプレスクールの3歳児または4歳児教育に照準を合わせてカリキュラムが組まれていることがほとんどです。ですから、入園前の“プレ教育活動”としての位置づけ、意味合いである場合が多いのです。しかし、私立幼稚園などは園児募集の活動自体が地域ごとに制限があるため、そのクラスに入ったから入園をしなければいけない、という強制力はありません。それぞれのプレスクールごとに設定されているので金額の違いはありますが、多くの場合が有料で運営しています。金額と内容は必ずしも一致するわけではありませんが、しっかりした料金設定で運営している方が必要経費の確保もできるので、活動の内容や質は高いといえそうです。

PAGE TOP